取引に必要な書類|中古ダンプや重機を高価買取してもらおう!【高く売れる電動工具】

中古ダンプを売るときに必要なものを押さえておこう

取引に必要な書類

ダンプカー

自動車検査証と自動車納税証明書

自動車検査証は、車検証のことで中古ダンプを売るときに必要な書類になります。この書類は車に積んでおくことが法によって定められているので、車のダッシュボードなどに保管されているはずです。

自動車税納税証明書は、自動車税の領収書のことで、国に自動税を納めているという証明になります。この自動車税納税証明書は中古ダンプを売るときに必須なだけでなく、車検にも必要になるので覚えておきましょう。

自賠責保険証明書と譲渡証明書

自賠責保証明書とは、自身が自賠責保険に加入している証になります。この自賠責保険は任意保険ではなく強制保険ですから、公道を走る車には必ず加入しているはずです。一般的には車検証と同封していることが多いので、確認しておきましょう。

譲渡証明書は、中古ダンプを売却するときに自身から新しく所有者に権利を譲渡するために必要な書類になります。車の売買には必ず必要な書類なので事前に準備しておきましょう。

印鑑登録証明書と委任状

印鑑登録証明書は、車の売買契約で使用した印鑑が実印であることを証明するために必要な書類になります。印鑑登録証明書には期限はありませんが、車の契約において「発効から3、6ヶ月以内のもの」を要求されることもあります。

委任状は、トラックの所有者が名義変更などをする際に用いられる書類です。一般的には、買取業者が用意してくれるものの、必要な書類だということは覚えておくといいでしょう。

事業用自動車等連絡書

事業用自動車等連絡書というものは、いわゆるナンバープレートに関する書類になります。この事業用自動車等連絡書は、緑ナンバーから白ナンバーへの変更、また逆に、白ナンバーから緑ナンバーへの変更など、プレートの色を変更する場合に必要な書類です。

中古トラックを売却した方の口コミ

取引がスムーズ

中古ダンプを買取業者に買取してもらいましたが、取引がスムーズで満足しています。また、面倒な書類の手続きなども自身の代わりに行ってくれて、助かりました!中古ダンプの査定額も納得ができる価格で、売却して良かったです!(男性 33歳)

業界最高値が魅力

ホームページで業界最高値と記載されていたので、期待して査定を依頼しました。そして、査定結果を確認すると自身でも思っていなかった高額価格でビックリしました!対応も丁寧にして頂き、言うことがなく大満足です!(女性 34歳)

相場よりも高い

トラックの専門業者に買取を依頼したら、相場よりも高い買取価格を提示されて驚きました!今まで大切に使用していたこともあり、状態や品質はいいものでしたが、そこまで高くなるとは思っていませんでした!(男性 43歳)

使ってなかったトラックを売却

かれこれ約15年以上も前に購入したトラックで、今では月に一度ぐらいしか使わない状態でした。そのため、買取業者に相談して買い取ってもらうことにしました。そして、タイミングが良かったこともあり、高い時期に売ることができ、業者に任せて良かったと思っています!(男性 53歳)

希望の金額を聞いてくれた

中古トラックを専門業者に売却して良かったと思う点は、希望の金額を聞いてくれたということです。私は査定の段階で相場や状態について調べており、専門業者に希望の金額を提示していました。そして、査定結果を見ると希望の金額が記載されており、即その買取業者を選びました!(男性 55歳)

広告募集中